年中行事

節分献供会3

この行事は二月第一週日曜日の午後一時より行われます。 まず初めに正月六日に、滝の上の竜王窟に奉安(ほうあん)された、お滝の守護神常富さまの御魂を、金色の御輿(みこし)に収め本殿にお迎えする古式ゆたかな祭典からはじまります […]

春秋彼岸会法要1

春と秋のお彼岸の中日に、妙見廟礼拝堂において檀信徒各家のご先祖の慰霊の法要が行われます。 この日は宿坊において参加者一同に、お供養が出されます。          

大護摩3

本瀧寺が戦後「妙見宗」として開宗したのを記念して、昭和二十二年より、行われている行事です。   毎年五月の第三日曜日に当山境内において「大柴燈護摩供」が行われ、世界平和・国土安穏・商業興隆ならびに家内安全・交通 […]

三千仏祈願法要

平成九年に妙見宗宗立五十周年の記念事業として建立された大講堂に、信徒各位の干支による守り本尊の八体仏を三千体奉安できる奉安所をもうけ、その後毎年行われている行事です。 平成二十年より六月の第二土曜日に当山大講堂において「 […]

大施餓鬼法要1

毎年八月第四日曜日にお盆の施餓鬼法要が営まれ、全国災害犠牲者・戦死戦病死の英霊や、檀信徒各家のご先祖の精霊(しょうりょう)のご回向が営まれます。 本堂横の大テントに施餓鬼壇がもうけられ、周囲はお経の書かれた「施餓鬼幡」で […]

開祖お会式

妙見宗の開祖、日照上人の業績と遺徳をしのぶ報恩謝徳の法要が、菊花かおる文化の日十一月三日に、妙見廟礼拝堂において厳修されます。 なお、並行してわが衆の先師先徳の各霊や、その年に逝去された物故教師の追悼法要も営まれます。

能勢妙見山 妙見宗総本山 本瀧寺